トヨタプリウス最新情報

新型プリウスの性能評価



新型プリウスで最も評価される点は、ハイブリッドシステムの進化とそれにともなう燃費性能の向上。
システムの名称こそ「THS II」と先代を引き継ぐが、排気量アップに伴う高速燃費の改善ととシステムの効率向上により、先代の35.5km/リットルをしのぐ38.0km/リットル(いずれも10・15モード値)という世界トップレベルの燃費性能を達成した。
また、電気自動車のような先進性を実感できるという点でも“プリウスならでは”の特徴として高い評価を得ている。

車格も2代目より若干上がってハンドリング、乗り心地も良くなったとの声が大半のようです
サスペンションは適度にしなやかな印象で、運転感覚のスポーティさではホンダのインサイトに一歩を譲るものの、乗り心地の快適さに関してはプリウスがリードしている。

プリウスはインサイトよりも大人なハイブリッドカーという印象で、トヨタらしい車といったところでしょうか。

インサイト、プリウスを購入しようとしても納車はかなり待たなくてはいけない状態とのことなので、じっくり考えましょう

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。